園からのお知らせ

2012 年 2 月 26 日 日曜日

昨日ひな祭り会が無事終わりました。

 

 

感動しました。大きな舞台、大勢のお客さんの前に立つのだから普段の練習の成果を発揮できればと・・・と願っていましたが、これほどまで皆の気持ちが一つになり、小さな予想外の失敗にも冷静に対応し、堂々と演奏と歌を披露するの子どもたちの姿を見て胸が熱くなりました。パーフェクト!最高です。

 

練習では細かいところですが、打楽器の合わない箇所があり、ピアニカも途中早くなり過ぎるところもありましたが本番はバッチリ。歌も普段バスの中で気持ち良さそうに歌っているそのまんま、力まずにきれいな歌声でした。また、単に演奏が上手、歌がうまいではなく、舞台に立つ気持ちの切り替え、集中力、今までの努力の過程を知っているだけにこの一瞬にかける一生懸命に取り組む姿に感動しました。私は舞台そででビデオ撮影をしていましたが、ず~と鳥肌が立ちっぱなしで、微妙に震えていました。残念ながらこのビデオのお披露目の機会はなさそうです。

 

やはり「努力は嘘をつかない」と改めて思いました。決して根詰めて練習していたのではありませんが、時間にして10~20分。小さな積み重ねの大切さを証明してくれました。成功の裏には先生方が子どもたちの気持ちをしっかり捉え、1回の練習を集中し効率よく取り組むと時間にも余裕が生まれるのでその分たくさん遊び、バランスが良かったのだと先生方の手腕、努力に感謝です。

 

今年は勤続表彰された先生もいました。いつも笑顔で元気に子どもたちのために頑張っている先生たち。子どもたちの保護者からは「エポックの先生はどの先生もプロ意識が高い」と絶賛される自慢の先生方です。表彰された先生方を見ると新人の頃を思い出し、感慨深いものがあります。希望を持って働き始めても穏やかな時ばかりでなく、大変な時もあったと思います。そんな時も先生方を近くで支え、職場に送り出していただいたご家族の皆様にも感謝の気持ちでいっぱいです。これからも大きな柱として持てる力を存分に発揮してもらいたいです。

 

これで残すところ1か月。卒園・進級までのカウントダウンが始まります。皆で楽しい思い出を作り、最高の一年にしましょう。

2012 年 2 月 23 日 木曜日

生憎の雨の中、相模原市民会館でひな祭り会のリハーサルに行ってきました。

dscn5962

保育園の子どもたちに使う言葉ではないのですが、広い舞台に戸惑うことなく落ち着いて冷静に演奏をする子どもたちをみて、頼もしく、大人になったな~と驚きました。

 

さすがに明日の本番は満員のお客様の前で合奏、歌を披露するのできっと心拍数も上がると思いますが、練習の成果を存分に発揮してくれるはずです。

 

明日はお天気も良さそうなので、舞台に上がる子どもたちみんなにとって最高の一日になることを祈ります。

2012 年 2 月 23 日 木曜日

今週の金曜日に本番を迎えるひな祭り会(相模原市の認定保育園が合同で行う発表会です)。

 

今年は12園が参加し、それぞれ持ち時間の制約のある中で特色のある出し物を披露します。ちなみに今年のエポックの出し物は4.5歳児のピアニカを主体とした合奏「世界の歌メドレー」、2.3歳児も加わり歌「小さな世界」です。

 

 

さて、昨日が本番前最後の練習でしたので、当日お留守番をする0.1歳児の子どもと先生がお客さんとなり、お兄さんお姉さんの演技を最前列で鑑賞、応援してきました。

 

エポックの顔H先生は「胸にだけでなく目にも・・・・」と涙をため、言葉にならない様子。「皆で合わせようとする気持ちと子どもたち、先生、みんなの頑張りが伝わってきて感動した。歌をうたううさぎ組さん(2歳児)がかわいくて・・・」と仰ってくれました。今年初参加のうさぎ組の子どもたちも鼻歌をうたいながら部屋に戻ってきたので、彼らにも手ごたえがあったのでしょう。ますます楽しみになります。

dscn5958

本番は多くのお客さんと慣れない舞台に緊張もあると思うので多少のミスも出るかも知れません。このような発表会で大事なのは本番の出来ではなく、その過程です。子どもたちが自ら、笑顔で取り組むその姿に今回のひな祭り会のねらいはもうすでに達成されました。当日、会場でご覧になる多くの保護者の胸にこの感動が届きますように・・・。

 

大きな拍手に包まれ、子どもたちは大きな自信をつかみ、さらに瞳をキラキラさせてくれることでしょう。

 

荷物もバスに詰み込み完了。今日はリハーサル。さあ出発だ!

2012 年 2 月 21 日 火曜日

毎週月曜日は3.4.5歳児のリトミックの日。img_3668

ボールや楽器、全身を使って表現をします。

エポックでは前任の講師から20年以上リトミックを行っていますが、一番の特徴は子どもたちが楽しそうに行っていること。

 

同じものを見ても感じ方はそれぞれ。表現の仕方も違うので個性が出ます。物音たてずに集中する真剣な顔と、笑顔でくしゃくしゃな顔、指先に意識がいったかと思うと全身を使う、動と静、強弱、緊張と弛緩・・・頭も心も体もフル稼働。短時間に様々な表情を見せてくれます。笑い声が絶えないのがうれしいです。

 

明日は2歳児のリトミック。「うわ~」と言葉にならない声と表情がまたかわいいんです。楽しみにしていてね。

 

動画でお見せできないのが残念でなりません。

2012 年 2 月 16 日 木曜日

 今日お弁当を持って多摩動物園へ行きました。

 

多摩動物園には私たちと同じように寒さにも負けずに中学生や他の保育園の子どもたち、赤ちゃんを連れたご家族やカップルなど予想に反し多くの方々がいました。

 

 前回秋に来た時はライオンバスに乗りアフリカ園を回ったので、今回は正門からひたすらまっすぐ直線でアジア園へ向かいました。シャトルバスのルートでもあるので道幅は広いのですが、急な上り坂なのが難点です。

インドサイやムフロン、オラウータンの近くまで行ったら雪が降り出したので、シフゾウ広場での食事は諦め、コアラ館の下の売店を目指しました。

途中、オオカミをみて子どもたちは怖くなって大泣き、アジアゾウを見て気分も回復。お弁当の入った重たいリュック、空腹と疲れ、寒さにオオカミ、ぐずり出す要素はいくつもあるのですが暖かい売店が目前、不思議とパワーがみなぎるのでしょうか?笑顔で元気に最後まで歩くことができました。寒い中よく頑張ったね。dscn5939

 

待ちに待った昼食は、大好きなお母さんたちが作ってくれたお弁当。いつもと違い大人用の大きなテーブルとイスをお借りして、ちょこんと座るかわいいごきげんな子どもたち。

暖かいお部屋で一気にテンションも上がりたのしい昼食となりました。

 

午後はお天気が回復していませんでしたので予定を変更し、シャトルバスに乗せてもらい一気に正門へ。時間にして10分弱だと思いますが、1歳児のSくんはこの短時間の間に熟睡。よっぽど疲れていたんですね。帰り、保育園までのバスの中も全員ぐっすり眠っていました。

 

今晩は暖かいお風呂に入って、早めに眠り、疲れをしっかり取って欲しいと思います。明日体調を崩してしまう子がいませんように。

2012 年 2 月 14 日 火曜日

昨晩あるお店に入ったらレジにいたのが卒園児のYちゃん。卒園以来だったので初めは分かりませんでしたが、名前が特徴的なので確認してみると・・◎。

身長も当然ながら大きく大人になっていましたが、照れると耳まで真っ赤にするその顔は昔のまま。

彼女は保育園時代とてもピアニカが上手で私のよき先生でもありました。色々なことを思い出し、懐かしくなりました。

 

ということで、相模原をふらふらしていると大学生になった卒園児がアルバイトをして偶然出会うことがあります。

年末に会った体も心も大きなYくんは、「なんか調子くるっちゃうな~」とお客さんとしての私に多少面喰っていたようですが、てきぱきと働くその姿に感動。

また私の息子のサッカーシューズやグローブを探してくれたのはスポーツショップで働くYちゃん。さわやかな笑顔で接客してくれます。

 

その他にも「誰々はあそこでバイトしているよ~」と様々な情報が舞い込んできます。大きく成長した彼らに会い、昔と変わらず話ができることに最高の幸せを感じます。

 

希望の大学に合格し4月から一人暮らしを始めたRちゃん。理系ということもあり多くの男子の中で少ない女子。初めてのことが多く、随分苦戦しているとお母様からその奮闘ぶりを聞きました。

 

250名の卒園児がそれぞれの立場で頑張っています。困ったときにはいつでも遊びに来てください。応援しています。

2012 年 2 月 10 日 金曜日

昨日はお弁当を持って横浜市のこどもの国へ行ってきました。

バスから降りたときは風が強く、冷たかったのですが、園内に入ると風も止み、ぽかぽか陽気の絶好のチャレンジ日和でした。dscn5745

 

秋に訪れた際は来場者が多くどこの遊具も込み合っていましたが、今日は園内で高校生がマラソン大会を行っている他は比較的少なく思う存分楽しむことができました。

 

マラソンしている女子高生から「かわいい~」とたくさん声をかけられたRくんはいつも以上に張り切って挨拶をし、勢いよく走っていました。すごく分かり易い行動です。でもとってもかわいいですね。

 

さて、子どもたちは目的地までの移動は高校生のように一列マラソン。平均台のような【一本橋】を渡り、【牧場】、【キャトルズ】。昼食を食べてパワーを復活させ【おとぎの広場】、【ローラー滑り台】、【なかよし広場】、入り口付近の【遊具広場】、年長さんは牧場の方へ戻り【モーモードーム】など広い園内を走り回り、たくさん遊ぶことができました。

 dscn5746

さすがに帰りは足取りが重く疲れたようですが、子どもたちの口からは「もっと遊びたい!」との声が多く聞かれ体力がついているんだと実感します。年長さんのMちゃんはバスに乗り、水分補給をしたら「やっぱり疲れた」と言い残し、あっという間に眠りにつきました。

 

年長さんにとってはやること全て保育園生活最後になります。バスの中で気持ちよさそうに眠っている彼らを見ていると、「大きくなったな~」と感慨にふける一方で、もうすぐにやってくる卒園式、お別れを考えると淋しくなります。言い古されてはいますが一日一日を大事にし、楽しい思い出をたくさん作っていきたいですね。

 

出発時、少し早いけど春の訪れを見つけよう!と皆で話したのですが残念ながら私は見つけることができませんでした。3月になると梅がきれいに咲いているこどもの国。やはり暖かい春はもう少し先なのでしょうか?

2012 年 2 月 3 日 金曜日

今日は子どもたちの楽しみにしていた節分会。

かわいい手作りのお面をかぶり、先生から節分の由来を聞き、豆まきの歌をうたい、鬼退治をしました。

本当は写真をアップしたいところですが、赤鬼・青鬼が部屋に入ってくると鬼退治よりも涙が先に出てしまい、始まる前の勇ましさがどこかへ飛んで行ってしまいました。ということで残念ですが断念します。

この一年は大きな地震や自然災害もありました。今も大雪で困っている方もたくさんいます。

鬼と一緒に悪いことを退治し、福をたくさん呼び込んで欲しいものです。

暖かい春がやってきます。子どもたちに大きな幸せがきますように。

2012 年 2 月 2 日 木曜日

2月に入りました。今月から外活動は一年のまとめとして城山登山を行います。

しかし、楽しみにしていましたが残雪のため断念。来週のチャレンジも雪が解けそうにありませんので予定を変更します。120202_105750972

 

ということで今日は城山公園へ行ってきました。春に訪れた時には駐車場から遊具までが随分と遠かった記憶がありますが一年の成長の証。移動もあっという間に終わり、他に遊びに来ている人がいませんでしたので貸切で、存分に楽しんできました。

遊具では「ここを持って!」と登り方を説明するGくんや「よしよしその調子!」と友だちを応援するAくん。階段では降りてくる友だちを待って登るMくんなどさりげない優しさの連続に感激しっぱなしでした。

 

明日は節分会。暖かい春はもうすぐですね。120202_102436864

  • このページの一番上へ